打ち合わせ&銚子市のお試しサテライトオフィスに行ってきました!【千葉県銚子市】

銚子万祝海の画像

5月中旬に、千葉県銚子市のお試しサテライトオフィスに行ってきました!

お試しサテライトオフィスとは?何しに行ったの?などなど、まとめておきます。

お試しサテライトオフィスとは?

地方公共団体が都市部のベンチャー企業等にとって真に魅力的なサテライトオフィスを提供するためには、
1 都市部の企業の具体的ニーズが把握できない
2 誘致に向けた戦略やノウハウがない
といった課題の解決が必要。
このため、総務省が平成28年度に実施する三大都市圏の民間企業等の基本ニーズ調査の結果を活用し、地方公共団体が民間企業のニーズを実践的に把握して、地域の特性を活かした誘致戦略を策定することを支援。
出典:総務省

ということで、全国で10の自治体がお試しサテライトオフィスとして採択されています。

私の生まれ故郷である千葉県銚子市と、大好きな福井県鯖江市のどちらにもお試しサテライトオフィスがあるので、すごいご縁を感じます!

都市部のベンチャー企業が対象となっていますが、最近ではかなり大きな企業が利用することも増えてきており、会社の大小に関わらず、働き方の多様性を考える企業が多くなっている感じがしますね。

企業側は地方にあるお試しサテライトオフィスで仕事をすることで、サテライトオフィス開設後のイメージをリアルに落とし込むことができ、自治体は、企業ニーズを調査しながら立地や生活環境の整備を行うことで、企業のサテライトオフィス誘致を進めることができます。

お試しサテライトオフィスでの執務

銚子市のお試しサテライトオフィスには丸1日滞在しました。

今回は私がお試しサテライトオフィスの利用をするために訪れたというわけではなく、Dearふくいで福井県の情報発信をしている私の事例を銚子市役所や観光協会の方にお話して、銚子でも何かできたら…

といった打ち合わせのための訪問でした。

朝早くから銚子市長、副市長が訪ねてくださり、その後も市役所、観光協会の方や市議会議員さんと有意義なお話ができ、とても充実した1日になりました。


見ての通り、夜はずっと呑んだくれていたわけですが、移住者の方とも交流ができ、今まで知らなかった故郷の魅力を知るきっかけとなりました。

最近、様々な自治体や観光協会の方と接していて思うことは、中の人が熱くて、地元を愛しているのが伝わって来ると、こっちもそのまちが好きになるなあということ。

なんの魅力もない田舎のまちだと思っていたけど、私と同年代の市役所職員さんが、「この仕事についてから銚子の魅力をたくさん知って、昔よりずっと好きになりました!」ってキラキラした目で話してくれると、

ああ、このまちってそんなに素敵なところだったんだ。
って実感するんですよね。

銚子でもDearふくいのように地域情報を発信するお手伝いができたらいいなと思っています。

それより何より、私の地元好き度が上がったことの方が大切なことなのかもしれないけど。

愛がなかったら、どんなにいい情報でも、なかなか人の心には届かないと思うので。

そんなわけで、私が地元・銚子のことを発信したらこんな感じだよっていうのを気まぐれで書いてみました。

日本一新鮮なマグロ丼!?銚子の万祝(まいわい)で絶品ランチを!銚子人の醤油へのこだわりも発見!

30分くらいご飯を食べただけでも、感じることはたくさんありますね。

自分が知っているまちで、全てのことが当たり前だからこそ、それをどんな風に知らない人、よその人に魅力を感じてもらえるように書くかがすっごく難しかったです。

よそ者目線で福井県を紹介するのは、すっごく簡単なことだったのかもしれないなと今更気づきました。

でも、その土地の人の暮らしや価値観も知っていないと書けない内容もたくさんあるから、中の人の感覚と外の人の目線と、どっちも大事にしながら表現していきたいなって思いました。

そのバランスの調整をうまくできるようにするのが今後の課題かも。

 

今回のことが、求められればローカルインフルエンサーとしてどこにでも行って情報発信する!って決意のきっかけになったので、これからもいろんなまちに行きたいなって思います。

「打ち合わせ&銚子市のお試しサテライトオフィスに行ってきました!【千葉県銚子市】」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。